ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1256号(平成29年6月1日発行)

できることから始めよう 地球に優しいまちづくり

3/31

神奈川県厚木市

限りある資源を効果的に利用する循環型社会の実現を目指して、市では地域の皆さんや企業、学校などと協力して、ごみの減量化・資源化、美化活動などに取り組んでいます。6月は環境月間。日々の生活を振り返り、身近なところからより良い環境づくりを始めましょう。

近年、地球温暖化の進行やエネルギー問題など、わたしたちを取り巻く地球環境は刻々と変化しています。快適に安心して暮らせる環境を未来に残していくために、一人一人ができることから取り組むことが必要です。

●地域で取り組むエコ活動
市内では、数多くの自治会やボランティア団体がごみ拾いや花壇の整備など、環境に関わる活動に取り組んでいます。こうした地域での活動は、参加者はもちろん、活動を目にした方の環境保全への意識やまちへの愛着心を高めています。
地域の子どもたちと花壇整備をするみはる野自治会の副会長・池田さんは「皆できれいなまちをつくることで、いつまでも住み続けたいと思える場所になれば」と意気込みます。参加した子どもたちは活動をきっかけに環境問題に興味を持って、その他の活動にも参加しています。
市では、公園や河川のごみ拾い、落書き消去活動、フリーマーケットの開催など、さまざまな活動を展開・支援しています。市民や企業の皆さんと一緒になって環境保全に取り組み、地球に優しいまちづくりを進めます。

●食べ残しをなくそう
環境保全は美化活動などへ参加するばかりでなく、ちょっとした心掛けで取り組むことができます。近年注目を集めているのが、食べ残しや調理中の過剰な廃棄によって発生する「食品ロス」です。ごみの増加に加え、その処分には余分なエネルギー資源を消費するなど、環境へ多くの負担を掛けています。市内で出ている年間約2万6千トンの生ごみなどのうち、約6千トンは食品ロス。これは1日1人当たり、約64グラム(食パン1枚分)に相当します。
このような現状を受けて市では、食品ロス削減を打ち出し、3010運動(下欄参照)の推進、生ごみ処理機「キエーロ」を使った環境教育などを支援。食品の計画的購入・消費の重要性を呼び掛けています。私たちの生活から切っても切り離せない食。食材を買い過ぎたり、作り過ぎたりして余らせていないか、日々の食卓を見直すことから始めましょう。

●身近なことから実践を
「環境を守る」と言うと大変なことのように感じますが、照明のこまめな消灯や公共交通機関の利用、ごみの正しい分別など、ほんの少しの取り組みが環境を守ることにつながります。市でも、3月に地球温暖化実行計画を改定するなど、地球環境の保全と再生などへの対応を進めています。
地球に優しい社会をつくるため、一人一人が環境について考え、自分にできることから実践していきましょう。

問い合わせ 環境政策課TEL 225-2749

●他人ごとにしないで行動を
神奈川工科大学 応用バイオ科学部応用バイオ科学科
教授 鳴海 明(なるみあきら)さん
地球温暖化などへの対策が待ったなしの状況の中、環境を守るために大切なのは、他人事としないで、自分たちの問題だという意識を持つことです。
世界には、一人一人の環境保全への意識が高い国がたくさんあります。例えばヨーロッパ各国では、電力会社を選択する際、コストが高くついても再生可能エネルギーを主体とした会社を選択する人たちが大勢います。幼い頃から環境は守らなければいけないという文化の中で生活し、当事者意識が根付いているから、このような行動が自然にとれるのです。私たちも、まずは地球環境を知ることから始めて、家庭や学校、企業などでの環境教育を充実させ、一人一人の意識を高め、地球環境に対する自分なりの考えを持つことが必要です。
どんな小さなことからでも構いません。私たちの地球を守るため、できることから取り組みましょう。

●もったいない鬼ごっこ
参加者募集 無料
なぜ食品が廃棄がされるのか、生産から消費までの過程を食材になりきって体験できます。ゲームを通して私たちにできることを学んでみませんか。
《日時》7月31日、14時~15時30分
《会場》あつぎ市民交流プラザ
《対象》 市内在住の小学生と保護者40人程度(未就学児は除く)
申し込み 6月30日までに電話で環境政策課へ。
申し込み マイタウンクラブ172032
問い合わせ 環境政策課TEL 225-2749

●3010(さんまるいちまる)運動にご協力を
市では、食べ残しを減らすため、会食などの席で最初の30分と最後の10分は自席で食べる「3010運動」を推進しています。
協力店も募集中
協力店はHPで紹介するほか、運動のガイドブックや缶バッジ、ポスターを配布します。
申し込み 申込書(HPからダウンロード可)に必要事項を書き、直接またはファクス、Eメールで環境政策課へ。
問い合わせ 環境政策課
TEL 225-2749・FAX223-1668・メール3100@city.atsugi.kanagawa.jp

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル