ユーザー登録
文字サイズ

編集後記

16/20

神奈川県厚木市

特集の取材で厚木日本語ボランティアの会に話を伺いました。外国人対象の日本語教室では、言葉だけではなく、日常生活をする上でのマナーやルールも教えているそうです。文化や習慣の違いで、外国人と日本人双方が嫌な思いをしないためとのこと。印象的だったのは「母国に帰ることがあったら、厚木での生活が楽しかったという思い出を持って帰って欲しい」という言葉。外国人と接する機会があったらこの言葉を思い出したいです/佐藤邦

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル