ユーザー登録
文字サイズ

連載25周年 自然歳時記

18/20

神奈川県厚木市

■カケス(カラス科)
全長33センチほど、青い羽が目立つキジバトぐらいの大きさの鳥。丘陵地や山地の森林に生息。「ジャージャー」という地鳴きが聞こえれば近くにいる印/七沢の渓谷で見つけた。

写真・文/吉田文雄

深い谷間から谷間へ、悠々と飛ぶ鳥がいた。晴れた空高く、気持ち良さそうに飛んで行く。
双眼鏡をのぞくと、少し開いた口に小さなドングリが見えた。しばらくするとまた一羽が飛んで行った。しばし時が経つのを忘れて見入ってしまった。
「ジャージャー、ジェージェー」と近くで濁った声がし、針葉樹の枝先に止まったカケスがこちらを見ていた。
カケスは、昆虫や果実を食べる雑食性だが、秋から冬はドングリをよく食べる。量が多い時はそのドングリを隠して蓄える頭の良い鳥だ。青と黒のしま模様の上品な色合いは、一度見れば忘れられない美しさだ。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル