ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1294号(平成31年1月1日発行)

ATSUGI(アツギ)×NEWZEALAND(ニュージーランド)ホストタウン通信

7/17

神奈川県厚木市

2020年東京オリンピック・パラリンピック(東京五輪)に向けて、ホストタウン相手国となったニュージーランドとの交流事業などを紹介します。

■NZ(ニュージーランド)のJapan Festival(ジャパンフェスティバル)に市PRブースを出展しました
昨年11月にNZの首都ウェリントン市で開催された「Japan Festival of Wellington(ジャパン フェスティバル オブ ウェリントン) 2018」に参加しました。催しは、NZで日本の技術や文化を広めるために開かれ、厚木市もまちの魅力をPRするため、職員やあゆコロちゃんを派遣しました。
会場には、ポスターを展示したPRブースを設置。厚木の観光や食などの魅力を発信し、多くの来場者にホストタウン「ATSUGI(アツギ)」をアピールしました。NZの経済団体などが参加する「Business Breakfast(ビジネス ブレイクファスト)」では、市内の企業からソニー厚木テクノロジーセンターが参加。中山保代表が最先端の技術を発表しました。
市では、ラグビーワールドカップ2019(TM)や2020年東京五輪で、NZから厚木を訪れる観光客の誘致に力を入れています。

問合せ:企画政策課
【電話】225-2451

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル