ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1300号(2019年4月1日発行)

ATSUGI(アツギ)×NEWZEALAND(ニュージーランド)ホストタウン通信スペシャル

10/20

神奈川県厚木市

2020年東京オリンピック・パラリンピック(東京五輪)まであと約500日となりました。今回は、16年のホストタウン登録以来、親交を深めてきたニュージーランド(NZ)との交流の歩みを紹介します。
ホストタウン:東京五輪の参加国と、合宿誘致をはじめ、スポーツ、教育、文化などの分野で相互交流をする自治体のこと

■ニュージーランド
人口:約492万人
首都:ウェリントン
面積:27万534平方キロ
気候:一年を通して温暖で、過ごしやすい
民族:ヨーロッパ系をはじめ、先住民族マオリ系やアジア系など
公用語:英語やマオリ語、NZ手話
産業:農業、観光
名産:ラム肉やキウイフルーツ、マヌカハニー(蜂蜜)など

■五輪出場目前!みんなで応援!バスケットボールNZ代表
厚木市がバスケットボールNZ代表のキャンプ地に決まりました。19年FIBA(フィーバ)バスケットボールワールドカップと20年FIBAオリンピック世界最終予選の結果で、東京五輪の出場が決まります。東京五輪の出場を目指すNZ代表チームをみんなで応援しましょう。

■バスケットボールNZ代表ってどんなチーム?
▽3×3代表(男子・女子)世界ランキング男子32位・女子33位
時期未定
今後アジア地域などで開催される大会の事前キャンプを厚木市で実施予定

▽女子代表(TALL FERNS(トールファーンズ))世界ランキング42位 五輪出場3回
7月12~22日
台湾で開催されるウィリアム・ジョーンズカップの事前キャンプを厚木市で実施

▽男子代表(TALL BLACKS(トールブラックス))世界ランキング38位 五輪出場2回
8月5~12日
北京で開催される19年FIBAバスケットボールワールドカップの事前キャンプを厚木市で実施
この他の競技もキャンプ誘致の交渉を進めています。

■教育 文化 スポーツ 子どもたちの交流
異国の文化に触れることでグローバルな視野を育むため、留学や体験などの交流に取り組んでいます。

■マオリ語のあいさつ教えます!
NZの方に会ったら声を掛けてみましょう。
Kia ora(キアオラ)こんにちは、ありがとう
Haere mai(ハエレマエ)ようこそ
Ka kite ano(カキテアノ)また会いましょう

■「世界が広がった貴重な体験」厚木中3年 赤羽音緒(あかばねお)さん
昨年、市の交流事業でNZに10日間体験留学しました。ウェリントンの高校で生徒の皆さんと料理を作ったり、カパハカを踊ったりしてNZの文化に触れることができました。
NZの皆さんは親切で、ホームステイ先の家族や高校の生徒はもちろん、街で会う人も私のことを気に掛けてくれました。今回、日本から離れて暮らして、自分の世界が広がりました。将来は海外で働きたいので、この経験を生かしたいと思います。

問合せ:企画政策課
【電話】225-2451

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル