ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1303号(2019年5月15日発行)

政策トピック

7/35

神奈川県厚木市

■地球に優しいまちへ 三つの制度で再生可能エネルギーを推進
環境への負荷を減らすため、市では、太陽光などの再生可能エネルギーを使う家に奨励金を交付しています。本年度から、農地で太陽光発電をする「ソーラーシェアリング」への補助も開始。地球に優しいまちづくりが広がっています。
使うエネルギー量を減らす取り組みも進めているBoo~!!

■ゼロ・エネルギー・ハウス導入奨励金
省エネに加え、太陽光発電などでエネルギーを作り出し、差し引きをゼロにする家(ゼロ・エネルギー・ハウス)に交付。

■スマートハウス導入奨励金
太陽光発電システムや蓄電池など、指定の機器を取り入れた家に交付。

■再生可能エネルギー推進事業費補助金
「ソーラーシェアリング」設置費の一部を補助。

■「ソーラーシェアリング」って何?
農地に設置した太陽光パネルを使って発電し、農業の傍ら売電収入を得る取り組み。農業経営をサポートできる他、耕作放棄地対策としても注目されている。
HP検索:厚木市 再生可能エネルギー

問合せ:環境政策課
【電話】225-2749

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル