ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1304号(2019年6月1日発行)

ひと まち 元気

9/22

神奈川県厚木市

厚木市長 小林常良

5月1日、新しい時代「令和」が幕を開けました。令和初日は大安に当たり、70組の婚姻届と9人の出生届が提出されました。私も皆さんと一緒に、結婚という人生の節目と新たな家族の誕生をお祝いしました。
今まで歩んできた平成という時代を顧みると、市長就任後、「市民協働」「現地対話主義」を貫き、厚木を元気にするために駆け抜けた日々が思い返されます。自治会長とのフリートークや子育てコミュニティトークなどでたくさんの声を聴いてきました。市民の皆さんと協働で、経営革新度調査全国第1位や共働き子育てしやすい街ランキング全国第3位などを実現してきましたが、まだ取り組むべき課題はあります。
万葉集の「梅花の歌」の序文から引用されたという令和の2文字には「春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる」との願いが込められているそうです。これからも市民の皆さんと共に、明るい未来に向けてまちづくりの種をまき、「日本一のまち」という大輪の花を咲かせたいと思います。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル