ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1304号(2019年6月1日発行)

私の一票を未来のために 厚木市議会議員選挙

5/22

神奈川県厚木市

厚木市議会議員選挙は、私たちが自らの意思でまちの未来を決める大きなチャンスです。あなたの一票が、まちを明るくする笑顔につながります。

投票日:7月7日7~20時
告示日:6月30日
開票:7月7日20時50分~荻野運動公園体育館
投・開票速報は市HPに掲載します。

投票できるのは、2001年7月8日までに生まれ、選挙人名簿に登録されている方です。

■投票所
投票所入場券に記載された、指定の場所で投票できます(市HPにも掲載)。※第7投票区は、下川入第二自治会館からあつぎ郷土博物館へ変更となります。

■期日前投票
投票日に用事などで投票所へ行けない方は、期日前投票ができます。投票所入場券の裏面の期日前投票用請求書(兼宣誓書)に必要事項を書き、期日前投票所にお持ちください。

■投票所入場券
投票所入場券は、6月30日ごろまでに世帯主へ郵送します。封筒に入っている同世帯分(最多6人)の氏名を確認し、投票所へお持ちください。届かない場合や紛失した場合は、投票所で係員に申し出て投票できます。

■選挙公報
7月3日の新聞(朝日・神奈川・産経・東京・日経・毎日・読売の朝刊)に折り込む他、7月2日ごろから公民館などの公共施設、本厚木・愛甲石田駅、郵便局、農協支所、スーパーマーケットなど市内約100カ所で配布します(市HPにも掲載)。

■不在者投票
選挙の当日、仕事や旅行で市外に滞在中、病気や出産で入院中などの場合は、次の方法で不在者投票ができます。

(1)市外滞在中の方
本人が、滞在地から市選挙管理委員会へ投票用紙を請求し、交付を受けてから滞在地の選挙管理委員会で投票してください。

(2)指定病院などに入院(入所)中の方
県選挙管理委員会が指定した病院などに入院(入所)中の方は、病院などで投票できます。詳しくは、指定病院などに問い合わせてください。

■郵便による不在者投票
身体に重度の障がいがあり次の表に該当する方は、郵便投票証明書の交付を受けて自宅などで投票できます。

▽手順
(1)郵便投票証明書の交付申請
本人または代理の方が、身体障害者手帳、戦傷病者手帳、介護保険の被保険者証のいずれかを持ち、選挙管理委員会で申請書を受け取り、提出(来庁が難しい場合は要相談)

(2)投票用紙を請求
1~3日程度で発行される郵便投票証明書を添えて、7月3日までに選挙管理委員会に申請

(3)郵便投票
郵送で届いた投票用紙に候補者名を書き、7月7日(必着)までに〒243-8511選挙管理委員会へ

問合せ:選挙管理委員会
【電話】225-2490

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル