ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1305号(2019年6月15日発行)

市民リポーターが活動を紹介 あつぎびより

28/34

神奈川県厚木市

■市民リポーター 石井留美さん(44・松枝)
▽「もしも」に備えた心強い味方
災害は起きないに越したことはありませんが、もしもの備えは大切です。今回、新たに市の災害対策として配置された、高度救助隊と拠点機能形成車をリポートしました。
県央地区初の配置となる高度救助隊は、人命救助のエキスパートです。どんな場面でも救助に当たれるよう、日々訓練を積んでいるという隊員の皆さんの言葉に頼もしさを感じました。
県内初、全国でも22台しか配備されていない拠点機能形成車には、被災地で救命隊員が円滑に作業でき、安心して休める場所を確保するための資機材が積まれています。総重量はなんと、20トンにも及ぶそうです。
市内では、私たち市民の命を守るための対策が進んでいます。私も災害への備えを見直そうと思いました。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル