ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1306号(2019年7月1日発行)

自然歳時記

17/20

神奈川県厚木市

■ゴマダラカミキリ(カミキリムシ科)
体長25~35ミリほど。雑木林や街中の公園の樹木でも見掛ける大型のカミキリムシで、全体は艶のある黒色だが、足や胸に細かい毛があり青白く見える/飯山白山森林公園で見つけた。

写真・文/吉田文雄

季節外れのウグイスの鳴き声が聞こえてくるのどかな尾根道を歩いていると、低木にいたカミキリムシが不意に飛んで来た。
止まった葉が小さかったのか、勢い余ってそのまま落ちてしまった。「しっかりしなさい」と羽を押さえると、キイキイと悲しそうに鳴いた。空に向かって高く上げると、上手に羽を開いて青い空へと楽しそうに飛んで行った。
ゴマダラカミキリの名は、髪の毛を切ってしまうほど強い顎と、光沢のある黒い背中に白いゴマのような模様があることに由来する。白と黒のまだら模様の触角をぴんと伸ばし、たくましく飛翔する美しさに心を奪われた。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル