ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1308号(2019年8月1日発行)

共に目指す東京五輪

1/22

神奈川県厚木市

「すごい」「ゴールに手が届いているよ」。世界で活躍する代表選手の一挙一動に沸き起こる歓声。間近で見る巧みなボールさばきに、子どもたちは目を輝かせています。
2020年東京五輪の出場を目指すニュージーランド(NZ)の女子バスケットボール代表チームが、7月に台湾で開催されたウィリアム・ジョーンズカップの事前キャンプで厚木市を訪れました。練習の合間を縫って小学生向けのバスケットボール教室が開かれ、競技を通して絆を深めました。女子代表で主将のカラーニ・パーセル選手(24)は「交流を通してたくさんの声援をもらい、力を分けてもらえた。また厚木に来られるよう、東京五輪出場という目標に向けて全力を尽くしたい」と力を込めます。
市は、東京五輪でバスケットボールNZ代表のキャンプ地に決まっています。8月5日からは男子代表が市内でキャンプを実施。五輪出場を懸けた大一番の試合に備えます。東京五輪まであと1年。ホストタウンとして、世界最高峰の舞台を目指し躍動するNZ選手にエールを送りましょう。(本紙4・5面に関連記事)

問合せ:企画政策課
【電話】225–2050

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル