ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1308号(2019年8月1日発行)

日頃から備えを 家庭でできる浸水対策

4/22

神奈川県厚木市

風水害などの災害時には、自分の身の安全を守るために一人一人が取り組む「自助」が欠かせません。被害を少なくするため、日頃から家庭で備えをしておきましょう。

(1)ハザードマップを確認
ハザードマップで自宅の浸水深や最寄りの避難所を確認し、避難経路を設定しましょう。マップは市HPでも確認できます。

(2)雨水升の周辺を清掃
雨水升の取水口に落ち葉やごみが詰まると、道路冠水や浸水の原因になります。日頃から清掃しておきましょう。

(3)地下室などの対策
浸水被害に遭いやすい地下室などがある建物は、土のうや板を準備しておきましょう。

■大雨時に土のうが無いときは
▽簡易水のうの作り方
容量が40リットル程度のごみ袋を二重にし、中に半分程度の水を入れ、ひもで縛ると簡易水のうができます。板と組み合わせて浸水を防ぎます。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル