ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1310号(2019年9月1日発行)

忘れられない夏休みの思い出

1/24

神奈川県厚木市

■公民館×夏休み
市内15地区の公民館が、地域の交流や学びの場として年間500以上の催しを実施。
流れてくるそうめんを取り合う笑い声、真っすぐ釘(くぎ)を打とうと手元に注ぐ真剣なまなざし、山頂を目指して駆けていく子どもたち―。夏空の下には、まぶしい笑顔があふれています。
市内の公民館では夏休み中、大山の頂上へ登るトレッキングや早朝のお寺での座禅体験など、学校では経験できない催しを毎年実施しています。長い夏休みは、普段できないことに挑戦する絶好のチャンスです。得意なことを見つけたり、地域の人と交流したりと、新しい出会いもたくさん。勉強だけではなく、さまざまな体験をすることで子どもたちの学びや成長につながっています。
公民館の催しで、忘れられない夏の思い出をつくった子どもたち。新学期が始まり、一回り成長した姿を見せています。

▽memo
1.川を探検しながらごみを拾うリバートレッキング
2.おいしいカレーを作るため夏野菜を収穫
3/4.標高1252メートルの大山に登頂
5.公民館で育てたカブトムシと触れ合う
6.なかなか割れない大きなスイカに苦戦
7.粘土を自分の頭で型取って皿を作る陶芸教室
8.鉄粉と紙で花火を作り仕組みを学ぶ化学実験
9.朝日が差し込むお堂で座禅体験
10.料理教室で作ったパフェを頬張る
11.親子で協力して宝箱を作る木工教室
12.神奈川工科大学の工房でコップに好きな絵柄を付けるサンドブラストを体験
13/16.そうめんに混ざって流れるゼリーをキャッチ
14/15.公民館の窓に動物や花などを自由に描く
公民館の催しは「公民館だより」に掲載

問合せ:社会教育課
【電話】225–2511

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル