ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1312号(2019年10月1日発行)

自然歳時記

24/26

神奈川県厚木市

■クツワムシ(クツワムシ科)
体長50~55ミリほどの大きさ。緑色型と褐色型がいるが、その環境に適応していると思われる。夜行性で「ガチャガチャガチャ」とうるさいくらい連続してよく鳴く/玉川縁の土手で見つけた。

写真・文/吉田文雄

「ガチャガチャ、ガチャガチャ」元気の良いクツワムシの声が聞こえる。そっと近づくと「ガチャガチャ、ルルル」と鳴き声がやんだが、またすぐにあちらこちらで鳴き始めた。
童謡「虫のこえ」に出てくるのはマツムシ、スズムシ、コオロギ、クツワムシ、ウマオイなどの楽しい歌声。数年前まではどの鳴き声も聞けたが、最近はマツムシやクツワムシは減っていて、あまり鳴き声を聞けなくなってしまった。
昼はクズやアレチウリなどが生い茂る草ぼうぼうの荒れ地に見えるが、夜は虫たちの天国。耳を澄ますとスズムシやコオロギの声も聞こえてきた。夜の散歩道は吹く風も涼しく、虫たちの合唱も楽しみだ。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル