ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1312号(2019年10月1日発行)

人の数だけ「魅力」がある 魅力を見つけ伝える人の力(2)

3/26

神奈川県厚木市

■独自の目線で発信するあつぎの魅力
▽みんなの「知らない」を「知ってる」に変えたい
厚木らぼ編集長 田原礼美さん(38)
2018年に厚木の店舗やイベント情報を発信するサイト「厚木らぼ」を作りました。きっかけは子育てで外に出る機会が減り、情報が得にくくなったこと。同じ思いのママたちの助けになればと、サイトを作り、取材や撮影、記事の作成など、全てを担っています。中でもこだわっているのが写真です。すてきな情報も、写真写りが悪いと魅力が半減。料理のおいしさや取材対象者の人柄が伝わるよう、光の当たり方も工夫しています。
厚木は魅力が多いまち。一人だと情報収集に限界があり、皆さんからの口コミはとても力になります。広報紙やタウン誌では取り上げない魅力ある情報をすくい上げていきたいです。

▽好きを見つけて、毎日を楽しく
あつぎーく編集長 松村剛司さん(41)
ライター 鈴木ようこさん(44)
市内でデザイン事務所を営む傍ら、「あつぎーく」というウェブサイトを運営しています。紹介しているのは、個性的な看板や張り紙、お店、商品など、何げなくまちにあって、意識しないと気付かないようなものです。
日常の中で好きなものを見つけていけば、毎日を楽しく過ごせて、まちのことをもっと好きになれると思い、始めました。見慣れた風景も、少し視点を変えると新しい世界が広がります。そこら中に転がっている厚木の面白いことを集めて、共有したいと思っています。

▽魅力を再発見してまちを元気に
本厚木ミロード販売促進担当マネジャー 田中光太郎さん(27)
「アツギラバーズ」は、厚木の魅力を再発見してもらうための冊子です。旬な話題や読者の声を取り入れ、情報の鮮度を保っています。市内で観光や食事を楽しむ人が増えれば、自然と店舗のお客さんも増えるはず。冊子を見て、厚木で充実した時間を過ごしてもらえたらうれしいです。

▽子育てをもっと楽しく
子育て情報誌「Laugh(ラフ)!」編集長 高橋千尋さん(36)
子育て中のママとして、同じ目線で悩みの解決策やお得な情報を伝えたいと思い制作しています。記事は全て、子育て中のママが書いてくれたもの。体験を共有し、心身の負担を軽くできたらと思っています。飲食店やサロンなどの情報も発信し、地元の活性化にも貢献していきたいです。

■読者・視聴者の声
▽大坪政文さん(72・中町)
お祭りとカメラが大好きなので、「あゆチャンネル」でイベント情報を見て撮影に出掛けています。当日の様子を皆さんにも知ってもらいたくて、写真をSNSに投稿しています。見てくれた方との交流も楽しみの一つです。

▽工藤サエさん(38・みはる野)
友人とご飯に行くお店を探すとき、「厚木らぼ」を参考にしています。新店舗の情報も豊富で、「こんなお店できるの知ってた?」と家族や友人にすぐ話しちゃいます。厚木に特化した情報を集められるので、とても助かります。

▽宮崎佳子さん(41・戸室)
「Laugh!」を毎号読んでいます。子育てで不安の中、大変なのは自分だけじゃないんだと安心できます。子連れに優しい飲食店や遊び場など、行きたい場所の情報も盛りだくさん。子どもと行くのが楽しみです。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル