ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1312号(2019年10月1日発行)

ATSUGI(アツギ)×NEWZEALAND(ニュージーランド)ホストタウン通信

10/26

神奈川県厚木市

2020年東京オリンピック・パラリンピック(東京五輪)に向けて、ホストタウンとなったニュージーランドとの交流事業を紹介します。

■ラグビーNZ(ニュージーランド)代表が市内児童と交流
男女7人制ラグビーNZ代表チームが、8月28~30日に厚木市を訪問しました。
選手らは滞在中、練習や市内施設を視察した他、28日には市内のラグビースクールに通う子どもたちを対象としたラグビー教室を開催。子どもたちは、パスやタックルなどプロの技を少しでもまねようと、熱心に指導を受けていました。翌日、選手らは玉川小学校を訪問。4年生の代表12人がタグラグビーをプレーし、選手たちと一緒にパスを交わしたり、声を掛け合ったりしながら、トライを目指していました。その後、児童たちはソーラン節で歓迎と感謝の気持ちを伝えました。
男子代表(All(オール)Blacks(ブラックス)Svense(セブンズ))は、東京五輪の直前に厚木市を訪問し、市民の皆さんと交流する予定です。

問合せ:企画政策課
【電話】225-2451

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル