ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1316号(2019年12月1日発行)

特集 無意識の偏見 普通って何だろう(5)

5/22

神奈川県厚木市

■中学生の声
市では、中学生の人権作文を毎年募集しています。今年の応募作品数は939点。受賞作品の中から、多くの人が通り過ぎてしまう「当たり前」に疑問を抱き、立ち止まって考えた中学生たちの声を紹介します。
市HPで受賞作品の全文を公開
HP検索:厚木市 中学生人権作文
作文を展示する企画展を開催(詳しくは本紙8面参照)

■コラム 人は、良い方に変われる
小説家 深緑野分(ふかみどりのわき)さん(36・旭町出身)
私が中学生の時、担任が「転校生はピアスを着けているが、おうちの事情なので何も言わないように」と生徒に申し渡してから、扉を開けた。やって来たのは違う国から来た女の子だった。あの時、私たちの扉も同時に開いたように思う。違う文化の子がクラスにやって来たことに最初は興奮したが、徐々に慣れて、ピアスがあろうがなんだろうがどうでもよくなった。
他のクラスにも外国からやって来た転入生や、ただ肌の色が違うだけで日本人の子もいた。友達の家に招かれて食べた手作りのキムチと冷麺がおいしかった。その後も、アルバイト先でブラジル人とラオス人の子ととても仲良くなった。どちらも、今でも大事な友人だ。
彼ら、彼女らと親しくなると、無視やいじめ、差別的なことを言われたことがあると打ち明けられた。世の中は「多種多様ハッピー」なんかじゃなく、偏見も差別もあり、他ならぬ私だって、何かの色眼鏡で見て彼ら彼女らを傷つけたこともあっただろう。
性的少数者の人たちもそうだ。私のクラスにもLGBTQの子はいた。いつの間にかうわさになって広まっていた。彼女は毅然(きぜん)としていたが、アウティング、許可なく暴露することは、数年前ある大学生を死に追い詰めたほどにむごい行いなのだと、知ろうと思わなければ自覚すらできない世代だった。1990年代から2000年代が青春期という若い年代であっても、その程度なのだ。
私たちはたぶん、私も含めて、無自覚にあるいは「善かれ」と思って、もしくは「伝統」を守ろうとして、誰かに無邪気な悪意をぶつけ、誰かを否定し、その人の持つ大切なものを潰そうとした。「理解しない方が楽だから人任せ」と加担してきた人もいるだろう。時代が変わったのではない。外国から来る人たちも、LGBTQも、障がいのある人だって、これまでに大勢いた。ただ今までは「彼ら彼女らを無視しても問題にしない社会」だっただけだ。これからは違う。彼ら彼女らは私たちと何も変わらない血の通った人間だ。言葉や文化、好きになる相手が周りと違うだけで。私にそう気付かせ、育んでくれたのは、他でもない厚木市のこうした環境だ。だからこそ今回の企画をうれしく、頼もしく誇りに思う。
政治状況がきな臭くなろうと、市民同士の手は離さないでいたい。韓国の友好都市・軍浦(くんぽ)市との交流をこれからも続けてほしい。私は、どうかふるさとよ、温かい心を忘れないでほしいという気持ちでいっぱいだ。
自分の中にある偏見に気付くことはとても難しいと私も知っている。きっと怒りをどこにぶつけていいか分からないのだろう。でもそれを個人や属性、民族にぶつけないで。
全てを良くする特効薬は残念ながらない。ただ、人は良い方に変われる。理解できなくても存在を認めることはできる。あなたがここにいても私は気にしないと言うことはできる。あなたが憎みたがっている人を前にしたとき、どうかあなたの中にある温もりを思い出してほしい。

▽プロフィル
2010年デビュー。18年刊行の『ベルリンは晴れているか』が本屋大賞第3位に輝くなど、幅広い年代から人気を集める。
図書展(下部参照)に深緑さんの選書を展示。

■理解できなくても、想像していたい
同じ人生を送ってきた人はいない。だからきっと、誰とも、完全には分かり合えない。それでも人は、誰かと手を取り、寄り添い合って生きていく。あなたや、あなたの大切な人が自分らしく生きるために。

▼12/4~10は人権週間 人権を考える催し(無料)
人権週間のある12月に、人権や 偏見を考える催しを開催します。

▽あつぎヒューマンライツフェスタ中学生人権作文朗読
日時:12月7日10時~
場所:アミューあつぎ
内容:入賞者が作品を朗読
申込み:当日直接会場へ。先着順(10人程度)。

問合せ:市民協働推進課
【電話】225-2215

▽広報あつぎ連動企画図書展〜無意識の偏見〜
日時:12月3~30日9~19時
場所:中央図書館
内容:人権に関する図書と深緑さんの作品や選書を展示・貸し出し

問合せ:中央図書館
【電話】223-0033

▽広報あつぎ連動企画 無意識の偏見展
市民の皆さんの経験から集めた言葉を多角的に捉える展示を開催します。
日時:12月2~16日9~18時
場所:あつぎ市民交流プラザ
内容:市内の中学生による作文の展示や撮影スポットなど
【広報課公式ツイッター】@AtsugiCity_PRを開設!展示の情報などを発信

問合せ:広報課
【電話】225-2040

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル