ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1318号(2020年1月1日発行)

市民の皆さまにより身近な議会へ

7/20

神奈川県厚木市

厚木市議会議長 寺岡まゆみ

皆さま、明けましておめでとうございます。記念すべき東京五輪・パラリンピック開催の年。希望に満ちた、輝かしい新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。日頃から、議会運営に対しましてご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
市議会は、市民に最も身近な議会として、果たすべき役割がますます重要になっています。厚木市議会では、二元代表制の一翼としての機能を十分に発揮するとともに、より分かりやすい議会を実現するための改革を積極的に進めています。その一環として実施した議会基本条例の一部改正では、会議での論点を明確化し議論を深めるため、市長をはじめとする出席者が議員に反問する行為を認めることとしました。現在も、さらなる改革に向け、議会の在り方検討会で議論を進めています。今年で9年目を迎える議会報告会では、出席された皆さまから頂いた意見を、議会活動に反映させています。
市議会は、昨年7月の選挙で新たに28人の議員が信託を受けました。市民の代表であることを強く自覚し、より開かれた議会づくりに取り組むとともに、市執行部と互いに知恵を出し合い、安心・安全で活力と思いやりのある地域社会の実現に全力を尽くしてまいります。引き続き、ご支援とご協力をお願い申し上げます。
結びに、本年が実り多き年になることを願うとともに、皆さまのご健勝を祈念いたしまして、新年のごあいさつといたします。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル