ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1318号(2020年1月1日発行)

ATSUGI(アツギ)×NEWZEALAND(ニュージーランド)ホストタウン通信

8/20

神奈川県厚木市

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、ホストタウンとなったニュージーランド(NZ)との交流事業を紹介します。

■NZ(ニュージーランド)の小学校とオンライン交流
NZを身近に感じるため11月に実施したイベント「Feel(フィール)of(オブ)NZ(ニュージー)」に合わせ、戸田・愛甲・北小学校の3校で、NZとのオンライン交流を実施しました。各校の5・6年生約200人が、NZの小学生らとオンライン会議システムを使い親交を深めました。
交流は、市と教育委員会がNZの独立政府機関「エデュケーションNZ」と結んだ覚書に基づき実施しています。児童たちは、日本の文化や市内の食べ物などを紹介したり、NZの小学生からの質問に英語で答えたりして交流を楽しみました。参加した児童たちは「NZのことをもっと知りたい」「いつかNZに行ってみたい」などと笑顔を見せていました。
今年は、いよいよ東京五輪・パラリンピック(東京大会)の年です。市では今後も、東京大会の応援ツアーや教育交流などを実施し、NZの皆さんとの絆を深めていきます。

問合せ:企画政策課
【電話】225-2451

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル