ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

あつぎ郷土博物館連動企画 學藝員のススメ第7回

12/35

神奈川県厚木市

博物館の学芸員が、あれこれを語り倒すコーナー。

■クセになる人面土器 佐藤健二
1月18日から「あつぎの遺跡展」が始まります。今回は、三田林根遺跡の出土資料を中心に展示しますが、その中からとっておきの一品を紹介します。
縄文時代の中期の終わり頃に作られた土器の人面把手(とって)です。一見土偶のようにも見えますが、土器の口縁(こうえん)に付く把手部分に顔が描かれたものです。もう少し古い時代になると、人面把手の付く土器が時折見られますが、この時代の物は非常に珍しく、私は今回初めて目にしました。
何だか不気味な表情をしていますが、ずっと見ているとクセになってきます。今回初公開の資料ですので、ぜひ見に来てください。

「あつぎの遺跡展」は1月18日~2月11日に「縄文ムラ発見!」をテーマに開催。

問合せ:あつぎ郷土博物館
【電話】225-2515

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU