ユーザー登録
文字サイズ

広報あつぎ 第1320号(2020年2月1日発行)

民話でたどる厚木の歴史 今と昔が重なるところ(2)

7/24

神奈川県厚木市

■歴史を知り未来を考えるきっかけに
元・市史編集委員 落合清春さん(63・宮の里)
民話には、教訓や信仰が込められています。科学の発展や生活の変化で本来の意味が薄れてしまったものもありますが、昔の人が忘れたくないと思った出来事や、そのときの気持ちをひもとくのは大切です。なぜ起きたのか、どう対応したのか、どう思ったのかを知り、今の生活と重ね合わせることは、新しい発見や未来への展望をもたらしてくれるかもしれません。
厚木は山も川も平野もあり、変化に富んだ面白い場所。そして時の政権者をはじめ全国から多くの人が訪れ、たくさんの文化が生まれたまちです。外に出るときは、ぜひ目に留まったものを観察してみてください。普段は気にしていない史跡や地名などにも、昔の生活の痕跡が潜んでいます。

本文の民話は『厚木市史資料叢書(そうしょ)語り継ぐふるさと~厚木の口承文芸』から抜粋・編集して掲載

他の民話が読める本を市HPで紹介
HP検索:厚木市 民話

あつぎ元気Wave:2/1〜CATVで放送

■歴史に親しむ催し(無料)
▼あつぎ古民家岸邸の雛(ひな)まつり
2月13日~3月15日(月・火曜日は休館)、10~15時。古民家岸邸。ひな人形の展示。
※3月1日、10~14時は「民話のおはなし会」を開催(抹茶サービスあり)。
マイタウンクラブ:192698

▼あつぎ郷土博物館開館1周年記念
▽講座「もののふと相模国」
(1)2月29日「もののふと相模国への招待」
(2)3月8日「鎌倉幕府の成立と相模国の武士たち」
(3)3月15日「戦国相模の大名と家臣」がテーマの講義。
14~16時。定員100人。
マイタウンクラブ・申込み:(1)192683(2)192684(3)192685

▽特別展「あつぎの花咲く植物の世界」
2月22日~3月22日(2月25日は休館)、9~17時。実物大の精巧な模型を多数展示。
マイタウンクラブ:192687

▽特別展記念講演会「あつぎの草木、今昔物語」
2月22日、14時~15時20分。県の最新植物調査で分かったことを学ぶ。定員100人。
マイタウンクラブ・申込み:192686

申込み:「あつぎ古民家岸邸の雛(ひな)まつり」「特別展「あつぎの花咲く植物の世界」」当日直接会場へ。「講座「もののふと相模国」」「特別展記念講演会「あつぎの草木、今昔物語」」2月1日から直接、電話またはEメールであつぎ郷土博物館【電話】225-2515【E-mail】8650-3@city.atsugi.kanagawa.jpへ。先着順。

問合せ:あつぎ郷土博物館
【電話】225-2515

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル